世界旅行記

世界20カ国以上を旅し、イタリア在住15年の著者が、個人で回った世界中の場所についてと、旅に役立つ情報を公開します。

イタリアからドバイへ

イタリアからドバイへの旅

 

今回の旅行はヴェネチアマルコ・ポーロ空港発のトルコ航空で、イスタンブール経由ドバイ行きです。

 

家からヴェネチアの空港までは自家用車で行きました。車は長期有料パーキングに駐車。ターミナルから徒歩二分の場所に駐車しました。駐車料金は一日15ユーロ。

 

イタリアからドバイまでは直行便で5時間半から6時間かかりますが、今回の経由便は12時間程度かかります。

 

直行便と経由便だと航空券の価格が倍近く違うし、年末年始、急ぎの旅でもないので、経由便にしました。

ちなみに2016年12月の最安値のエコノミークラスのイタリアからドバイ行きは、直行便で680ユーロ、経由便で390ユーロでした。往復の価格です。

 

荷物は預けることができましたが、私は軽装ですので、預けず小型機内持ち込み可のスーツケースとトートバッグといういでたちで、そのまま搭乗。

ヴェネチアマルコ・ポーロ空港の様子。

f:id:miyoshiimatani:20170111013135j:plain

 

出国時のトラブル

出国時にびっくりすることがありました。

なんとイタリアの税務警察の捜査を受けたのです。

イタリアでは、出国時に1万ユーロ(約120万円)まで金品を持ち出すことが出来ますが、それ以上になると事前申告が必要です。事前申告せずにそれ以上の金品を携帯していると事件になるので注意が必要です。

記事の続きはこの下

 

 

私は幸い(?)1万ユーロ以上の金品を持っていなかったので事件になりませんでしたが、バッグとスーツケースを全て開けさせられ、財布の中身を調べられ、ジーンズのポケット、ガイドブックの中まで調べられました。

 

 

またこの捜索は外国人に対して特にされているようで、私の前には中国人夫婦が捜索を受けていました。この時期、イタリアからイスラム圏に移動する外国人に対して警戒を強めている印象でした。

 

イタリアでトラブルに巻き込まれた際はこちら。日本対応のイタリア人弁護士がいる法律事務所です。日本人が常駐していて細かい意思疎通も安心です。

Studio Legale Avv. Mario Giuliano

 

 

トルコ航空のサービス

 

さて、今回搭乗したトルコ航空機内食エコノミークラスはこんな感じ。

 

ケバブ風味付けのチキンと、ピーマン系の野菜の炒めたもの、じゃがいものピューレ。赤ワイン(フランス産シラー)。

f:id:miyoshiimatani:20170111013255j:plain

f:id:miyoshiimatani:20170111013056j:plain

見た目より随分美味しかった!

特にピューレは美味しかった!

ワインも全く悪くなかったです。