世界旅行記

世界20カ国以上を旅し、イタリア在住15年の著者が、個人で回った世界中の場所についてと、旅に役立つ情報を公開します。

ドバイでショッピングは?ショッピングだけじゃない、見どころ満載の何でも世界最大のドバイ・モール

ショッピングだけじゃない、見どころ満載のドバイ・モールf:id:miyoshiimatani:20170111063529j:plain

ドバイ・モールのバルコニーから見上げた、世界最高峰のブルジュ・ハリファ

 

ドバイでショッピングと言えば、ドバイ・モールは必見です。1200の店舗をもつ、世界最大のショッピングモールです。

店舗面積112万平方メートルと、ちょっとピンとこない大きさ。

3日通って、やっと全貌がわかり始める、と言われています。

 

シャネル、グッチ、ヴィトンなどの高級ブランドはもとより、

日本の紀伊國屋書店も入っています。日本語の本のコーナーもあります。

 

Kinoという紀伊國屋書店内の喫茶店は、ドバイモールの美しい中庭に面しており、その景色を楽しみながら、おしゃれに演出された日本の軽食(おにぎりやお味噌汁)も味わえます!

f:id:miyoshiimatani:20170111063956j:plain

ドバイモール内、紀伊国屋書店の喫茶店Kinoのバルコニーから。

 

ファッション好き、豪華なもの好きの人が外せないのが、高級ブランド品が並ぶモール。ここは目を見張るばかりの空間。ヴィトン、グッチ、シャネル、フェンディ、ヴェルサーチがずらっと天蓋の下に並んでいます。

f:id:miyoshiimatani:20170111064648j:plain

f:id:miyoshiimatani:20170111064657j:plain

グッチ。アラビア語^^;

f:id:miyoshiimatani:20170111064659j:plain

f:id:miyoshiimatani:20170111064706j:plain

f:id:miyoshiimatani:20170111064717j:plain

イタリアブランドが目白押しで、嬉しい限り。

f:id:miyoshiimatani:20170111064727j:plain

f:id:miyoshiimatani:20170111064738j:plain

天蓋の下のフランス・カフェ(名称)のブランチの美味しさは7つ星ホテルかと思うフランス料理。お値段は、出てくるもののクオリティーからすると、絶対お得です。

 

こちらのブランチはベース部分がフレンチトーストになっており、その上にスモークサーモンとポーチドエッグが乗っています。その上にさっくりふわっとしたパンが乗っており、付け合せのクレソン他の香草サラダと一緒に、とろりととろける黄身とサーモンのサンドをいただきます。フレッシュオレンジジュースと、暖かい飲み物がついて、80ディルハム(約2500円)です。

f:id:miyoshiimatani:20170111065054j:plain

 

シンプルで美味しい焼き立てクロワッサン、パン、バターを楽しみたい場合はこちら。

こちらもフレッシュオレンジジュースと暖かい飲み物がついて80ディルハム(約2500円)。

f:id:miyoshiimatani:20170111065153j:plain

全身を黒で覆いつつも、高級ブランドバッグを身につけ、シャネルやヴィトンのショッピングを楽しむイスラム女性が通りすがる前でのブランチ。何の宗教でも女性の好みは変わらないな、と思ったひとときでした。

f:id:miyoshiimatani:20170111065344j:plain

ヴィトンで買い物するドバイの地元女性達

 

ブランド品お値段の方は、ドバイはタックスフリーなのでお安いのかと思うのですが、そうではないようです。ヴィトンのバックを例に調べてみた所、イタリアより価格は2.5割から3割ほど高めでした。

例として、ネヴァーフルMMがイタリアでは約950ユーロなのに対し、ドバイのこのショップでは4750ディルハム、約1260ユーロ。イタリアでの価格より約300ユーロ(約4万円)高かったです。

つづく。