読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界旅行記

世界20カ国以上を旅し、イタリア在住15年の著者が、個人で回った世界中の場所についてと、旅に役立つ情報を公開します。

ドバイで銀行口座を開けたい人に朗報!

ドバイで銀行口座を開けるには?

 

ドバイが好きでドバイに投資したいな、とか、将来ドバイに住んでみたい!

などの夢がある人は、ドバイに銀行口座を開けたい!と思う方もいるかもしれません。

f:id:miyoshiimatani:20170111063956j:plain

私もその一人で、この度ドバイに銀行口座を開けよう!と思い、

しかしどうしていいか全くわからなかったので、マネージメント・コンサルタントの山岡氏にお願いしました。

 

山岡氏はドバイ在住10年になる、マネージメント・コンサルタント

ドバイでご自分の会社、Y'sコンサルタンシーをされてます。

 

山岡氏は何と、ドバイに移住された与沢翼さんのコンサルタントもされているということです。

 

山岡氏の会社のサイトはこちら。

ys-consultancy.com

 

お正月早々に参りましたのに、銀行へ一緒について行ってくださり、すべての手続をしてくださいました!

途中トラブルが発生したのですが、それも手際よく対応してくださり、とても助かりました。

 

ドバイにビジネスで行くときは、山岡さんがいるから安心!

私にとって、そんな心強い存在になってくださいました。

 

ドバイに投資したい魅力ってなんなのか

 

ドバイは世界中が混沌とカオスに向かっている現在、とても野心的かつ挑戦的な経済投資を行っている国です。

石油埋蔵量はもう殆ど残っていないので、石油が見つかった時点から、石油がなくなった後を見越して国造りに投資がされてきています。

観光業でトップを目指したい、というトップ(首長)の意向もあり、何でも「世界一」を目指しているところも特徴ですね。

「世界一」や「こんなの他にはない!」という目玉があれば、必ず観光客はやってくるからです。

 

そして、外国人政策。

国の92%が外国人で占められていて、かつ円滑に機能する国、って私は見たことがありません。ドバイでは想像の範囲外の現実を見せつけられました。

 

現在ヨーロッパは移民問題でごったがえしており、イタリアも移民を受け入れる政策がありながら、実際には外国人に(イタリア人にも)仕事も機会も与えられない絶望的状況が続いている中、このような移民政策で繁栄しているドバイはとても興味深く、希望のある方向性を見せてもらいました。

 

アジア人にはほっとする(?)首長国制度

イタリアに住んでいると、行き過ぎた民主主義や、機能しない社会(民主)主義に辟易することもしばしば。個人が尊重され認められているヨーロッパのよいところも悪いところも見えてきた後では、首長国制というモノポリー体制やビジネスライクな風土の良さも見えて、とても非常に引き締まった国に見えました。

 

ドバイではみな首長に心から敬服しているとのことで、それゆえ市民個人個人の成熟や民主主義は育っていないということですが、国の繁栄という目的を達成するために統一と均衡のとれた国、という印象を受けました。

 

ドバイについてもっと真面目に知りたい!という場合は、この本もオススメです!

 

株式会社ドバイ―メディアが伝えない商業国家の真実 (柏艪舎ネプチューンノンフィクションシリーズ)

株式会社ドバイ―メディアが伝えない商業国家の真実 (柏艪舎ネプチューンノンフィクションシリーズ)

 

著者の斎藤氏は、外交官ということで、具体的なデータを出しながらドバイについて分析しています。

柔軟な観察眼と考察がなるほどな、と思わされる一冊でした。

 

2017年3月8日追記:

日本円がドバイで受け付けられにくくなっているようです。

以下のブログもご覧ください。

blog.ys-consultancy.com